Gallery

  • 写真イメージ

    [ハルト]「耳障りだ。私語は慎め」

    [リート]「ご、ごめんなさい」

    [アルシェ]「いいじゃん、ハルト。 そんな堅苦しい挨拶なんかしなくたって。
    彼女、怖がっちゃってるよー。ねぇ?」

    アルシェさんは華のような笑顔で、私の前へ。
    そして、お辞儀をするような姿勢で私の手を取る。

    [アルシェ]「こんにちは、可愛らしいお嬢さん」

    まるで貴族かお姫様になったかのような扱いに、照れくささを隠せない。
    顔が熱くなっているのが自分でもわかる。

    [アルシェ]「俺──君とは、初めましてじゃないよね」

    [リート]「え……は、はい。 あの、この間の公演で……」

    [アルシェ]「ああ、やっぱり。 入口で白いエリカの花束をくれた子だよね。
    覚えてるよ」

    [アルシェ]「名前は、確か、キャサリン」

    [リート]「……リート、です」

    [アルシェ]「あはは、あれ。そうだっけ。 まぁいいか。
    これから、もっと仲良くなろうね」

    [アルシェ]「白いエリカの花言葉は『幸せな愛を』」

    [リート]「……」

    アルシェさんはそういって、ごく自然に手の甲へキスをした 。

    一瞬何が起こったかわからなかったけれど、
    状況を理解すると、恥ずかしさで顔がさらに熱くなるのを感じた。

  • 写真イメージ

    [ハルト]「──おい」

    [ハルト]「今、オルガンを弾いていたのは──
    お前だな」

    ハルトさんが厳しい眼差しを私に向ける。
    綺麗な瞳だけれど……
    にらみつけるような目線は冷たく、
    怖い、と感じてしまう。

    [リート]「は、はいっ。
    はじめまして、私──」

    挨拶の握手をするつもりで手を差し出しても、
    ハルトさんは見向きもしない。

    [ハルト]「酷く醜い音だった」

    [リート]「──」

    [ペーター]「なッ……」

    みんなが不安そうな顔をしてハルトさんと私を
    見つめていた。

    言い返したいのに、
    何を言っていいのか分からない。

    確かに私の演奏はつたない。
    それは自分でもわかっている。

    だからこそ、
    ハルトさんの言葉は私の胸をえぐった

    [ハルト]「久し振りに、最低な演奏を聞いた」

  • 写真イメージ

    [クラヴィア]「よかった。
    今日は音が控えめだったので、
    心配していたんですよ」

    [リート]「え?
    音って……私の、ですか?」

    [クラヴィア]「ええ、いつもでしたら、
    ものすごい派手な音を立てて、
    ドアを開けて、やって来て……」

    [クラヴィア]「弾んだ足音に飛び交う笑い声、
    そして壮絶なボケツッコミの嵐が大音量で……」

    [リート]「す、すみません、
    うるさくしてしまって……」

    [クラヴィア]「いいえ、私は、
    ここであなたの音を聞くのが楽しみなんです。
    足音、笑い声……それから」

    [クラヴィア]「日替わりの鼻歌もね」

    クラヴィアさんの微笑みは、
    いつものように優しく穏やかだ。

    彼の声を聞くと
    気持ちが柔らかく解けていく気がする。

  • 写真イメージ

    [ディー]「だーから俺は関係者じゃねーっつの。
    まとわりつくな!」

    [ペーター]「おい、クララ……いい加減にしとけって。
    ねーちゃんの前に警備員が飛んでくるぞ」

    [クララ]「だって私見たんだもん、
    この人が劇場の楽屋口から入ろうとするところ!」

    [クララ]「 関係者のクセに客を無視するなんて、
    ひどいじゃない?」

    [クララ]「ハルト様ほどの素晴らしい才能を持っている御方
    ならともかくさー」

    [ペーター]「だからっ
    この人も演奏家の一人かもしれないだろ?」

    [クララ]「ノー。絶対、ありえないわ。
    見たことないし、知らないし」

    [クララ]「そもそもオーラを感じないもの」

    その言葉で何かスイッチが入ったのか、
    青筋を立てながら、彼はにっこりと笑う。

    [ディー]「……ふ。 よーし」

    [ディー]「歯ぁ食い縛れメスガキ!
    オーラどころか五感の全てを感じないように
    してやらぁ! ぁあん!?」

    [ペーター]「怖! つーか大人気な!
    絶対楽団の関係者じゃないよこの人!?」

※文章および画像は開発中のものです